テレビを見ながらのトレーニング

加圧トレーニングとは、腕や脚の付け根の部分に専用のベルトを付けることによって加圧し、腕や足に流れる血液量を制限した状態で行うトレーニング方法です。
加圧トレーニングはもともとボディービルダー用のトレーニング方法として紹介されました。
法事の席などで正座した後に脚が痺れたり、腫れたりすることがありますがその現象をヒントにして誕生したのです。
血液量を制限して筋肉にトレーニングによって負荷をかけることにより、その部分に疲労物質である乳酸が溜まりやすくなります。
トレーニング後に専用ベルトを外すと、高濃度に蓄積された乳酸が体内に流れていき、それに脳下垂体が反応して成長ホルモンの分泌が促され、筋肉の増強に繋がるとされています。
いまでは加圧トレーニングはダイエットの一つの方法としても広く知られるようになっており、スポーツジムなどでもコースが設定されています。
加圧トレーニングを行う際に大事なことは専門のトレーナーの指示に従って行うことです。
スポーツジムでも必ず専門のトレーナーのカウンセリングを行ってからトレーニングを開始します。
このトレーニング方法は短時間でダイエット効果が現れる方法として知られていますが、それはきちんと原理に従って行った場合だけです。
独学で行ったのでは期待通りの結果は現れません。
必ずスポーツジムで専門のトレーナーから指導を受けながら、各個人に合ったプログラムを実行することによって初めてダイエット効果や筋力アップ、血行促進などの効果がしっかり現れるようになります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031